自動車のあれこれ
自動車保険 中古車を購入 自動車の購入 自動車の状態 事故車の処分 自動車の売却 過失割合 バイク保険

「車」と言えば、自動車を思い出す人も多いでしょうが、車の種類は結構多く、自動車だけではありません。

 

車について

現在、車とは普通自動車やタクシーを指す事が多くなっていますが、車と呼ばれるものは多くて、自動車はもちろん自転車や二輪車なども「車」となります。もちろん牛車や人力車でもくるまとなり、基本的に「車輪を回転させて進むようにした物」は車と呼ばれます。基本的に、自転車や人力車のようなエンジンを持たない車は、道路交通法では「軽車両」と呼ばれ、歩行者に次いで、2番目の交通弱者となります。

それでも、車には違いは無いのですが、車と認識していない方が多いのが実情で、違反を行っている人もいるようです。そのことについては、別のページでお話しましょう。自動車のみならず「車」に乗る人は、時として人を傷つけてしまい、加害者となります。安全運転を行うようにしてください。

車の分類

車両等

車両

自動車

トローリバス

軽車両

自転車

自転車以外の軽車両

路面電車

二輪車

自動二輪車

原動機付き自転車

車を分類として、右の要に分かれると思います。原動機付き自転車の場合には、車両とされる場合もあるようですが、管理人の考え方二輪車に入れさせてもらいました。あくまで管理人の考え方が主流になりますので、右の表は一個人の考え方と思ってみてもらいたいと思います。

今回は分かり易く、右の表を見て説明しましょう。隣の図を見てもらうと分かると思いますが、車の仲間として、軽車両とされる自転車も車とされます。そのため、自転車は歩道を走るのは違反とされます。ただし、「やむ得ない場合を除く」とされています。自転車は廃車処理に出す必要はありません。そもそも自転車は廃車ではなく粗大ゴミだと思います(笑)車同様、不法投棄はいけませんよ。

ちなみに、自転車でも飲酒運転は適用されますし、夜間の無灯火には、5万円以下の罰金、携帯電話の使用、犬の散歩などの「ながら運転」でも3月以下の懲役または5万円以下の罰金が科されます。気をつけましょう。

一般的に「車」と呼ばれるのは自動車ですが、大きく分けても右のように分類されます。右のような場合、車両は四輪以上の物と原動機がついていない物を指すことになります。右の分類の場合、交通弱者とされるのは、軽車両、原動機付き自転車、自動二輪車の順番になります。路面電車は交通弱者となるかはわかりません。自動車とトローリバスは、同じくらいでしょう。

車と一言で言ってもいろいろな種類があるので、明確にいう事が望ましいですが、最初にも言ったように車と言えば自動車を指すことが多いので、車だけで通じることになってきています。そのため、明確にいう事は少なくなっています。

 

車の点検

車の中でも、交通弱者とされる物はありますので、自動車に乗っている人は一番危険な車を運転していることを自覚しておきましょう。そのため、事故を起こす危険性をできるだけ、減らすためにも日頃から、車の点検は行うことが重要です。自動車の場合は、タイヤの山(磨耗具合)、空気圧、オイル、ラジエターの液とバッテリー液の量などを見てください。大抵の場合は、エンジンをかけたときに、警告ランプが消えていればいいのですが、消えていないなら、何らかの対策をしましょう。

最近では、ガソリンスタンドでも、タイヤの空気圧のチェックやエンジンオイルの交換などの車の点検はやってくれるようになっています。ただ、できることは自分でやってみることも大切です。車に詳しくない人でも車の点検の仕方は、教習所でも習ったはずです。エンジンオイルの交換などは、知らないとできませんが、やり方を覚えればできるはずですよ。車の点検を行わない場合は、減点3になりますので、日頃から点検しておきましょう。

pickup

一品一品のジュエリーを愛情を持って買取査定をさせて頂きます

ジュエリー 買取

学ランで決める

買取価格や廃車手続きなどバイクを売る査定前に気になることの情報も満載。沖縄と北海道を除く全国でオートバイの無料査定にすぐお伺いできます

バイク 買取

Last update:2016/5/26